債券は反落、米債安や日米株高で売り優勢-長期金利の低水準警戒も

債券相場は反落。前日の米国市場で 債券安・株高となった流れを継続。国内株価の反発などが圧迫要因とな り、売りが優勢となった。前日に長期金利が約3カ月ぶりの水準に低下 したことから高値警戒感も強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。