米グーグル:社債10億ドル起債、3年ぶり発行-債務借り換え

検索エンジン最大手の米グーグルは 社債10億ドル(約1020億円)を起債した。発行は3年ぶり。調達した資 金は償還期限を迎える同額の社債の借り換えに充てる。同社は手元資金 が過去最大の600億ドル余りに膨らんでいる。

ブルームバーグがまとめたデータによると、グーグルが起債した10 年債(表面利率3.375%)は米国債に対する上乗せ利回り(スプレッ ド)が62.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)。同社は20日の 当局への届け出で、調達した資金は5月19日に償還期限を迎える社債 (10億ドル、利率1.25%)の返済に充てる可能性があると説明した。

ブルームバーグのデータでは、グーグルの現金および現金等価物 は607億ドルに上り、共同創業者のラリー・ペイジ最高経営責任者 (CEO)はこの資金の一部をネット接続機器や事業サービス、携帯ア プリへの投資に活用してきた。

モーニングスターはリポートで、「グーグルは今後もバランスシー トについて極めて保守的な姿勢を維持し、主に現金残高が少なくなった 場合に財務上の柔軟性を高めるため債券市場へのアクセスを維持する」 との見方を示した。

ブルームバーグによれば、バンク・オブ・アメリカ(BOA)とゴ ールドマン・サックス・グループ、モルガン・スタンレーが今回の起債 を手掛けた。

原題:Google Borrows $1 Billion With First Bond Sale in Three Years(抜粋)

--取材協力:Brian Womack、Ari Levy. Editors: John Parry, Mitchell Martin

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE