ウクライナ制裁でEUが合意-新たな衝突発生で「休戦」崩壊

欧州連合(EU)は20日、ウクライ ナへの制裁措置で合意し、デモ弾圧に関与した一部ウクライナ高官の資 産凍結と入国査証(ビザ)発給拒否を決めた。ヤヌコビッチ大統領に対 し、治安部隊と反政府デモ隊との衝突を回避するよう求める圧力が一段 と高まった。

この日ブリュッセルで開かれたEU外相理事会では弾圧に使用され る装備などのウクライナへの輸出停止も決定したと、EUのアシュトン 外交安全保障上級代表が協議終了後、記者団に明らかにした。米国も対 象を限定した制裁を検討している。19日には、暴力がエスカレートすれ ばウクライナの指導者への制裁に動くとオバマ米大統領が警告した。

ウクライナでは20日午前、政権と反政府デモ隊との間で新たな衝突 が発生。大統領と反政府指導者らは「休戦」で19日夜に合意したばかり だったが、早くも取り決めが破られる事態となった。保健省はウェブサ イトで今週の衝突により少なくとも28人の死者と数百人の負傷者が出た と発表。一方、野党「自由」は60人以上が死亡したとしている。

ドイツのメルケル首相は20日、ヤヌコビッチ大統領と電話で会談 し、全ての当事者が暴力の行使をやめ「休戦」を実施するよう求めた。

ポーランドのトゥスク首相はワルシャワで記者団にEUの計画の概 要を説明し、「われわれにとって最悪のシナリオである内戦が非常に現 実的になっている」と語った。

ロシアのインタファクス通信は、プーチン大統領がルキン人権問題 代表をキエフに派遣し野党勢力との交渉に当たらせると、ペスコフ大統 領報道官の話として報じた。

原題:EU Agrees on Sanctions Against Ukraine as Violence Escalates (1)(抜粋)

--取材協力:Piotr Skolimowski. Editors: Alan Crawford, Leon Mangasarian

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE