NY外為(21日):ドルが対円で上昇、日米金融政策の相違で

ニューヨーク外国為替市場ではドル が対円で上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)が緩和縮小を続ける 一方、日本銀行は債券買い入れ計画を維持するとの観測が背景にある。 ドルは円に対して週間ベースでは今年に入って最大の上げとなった。

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は先進国・地域で の金融政策の正常化に支持を表明することが、ブルームバーグ・ニュー スが入手した共同声明の草稿で明らかになった。ドルはこれをきっかけ に上昇した。ウクライナの反政府派とヤヌコビッチ大統領が和平合意に 達し、投獄されているティモシェンコ元首相の釈放を同国議会が可決し たことを背景に、ユーロは値上がりした。

ファロス・トレーディング(コネティカット州スタンフォード)の 調査責任者、ダン・ドロー氏は電話インタビューで、「リスクセンチメ ントは今週改善しており、ウクライナの和平合意やティモシェンコ氏の 釈放はプラスの材料だ」と指摘。「対円でのドル買いはまさにこうした センチメントに基づく取引だ」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前日比0.2%高の1 ドル=102円51銭。週間での上げ幅は0.7%と、昨年12月27日終了週以来 の最大。ユーロは対ドルで0.2%高の1ユーロ=1.3746ドル。円は対ユ ーロで0.4%安の1ユーロ=140円90銭。

ウクライナでの和平合意を手掛かりに、トルコ・リラやユーロはド ルに対して上昇したと、チャプデレーン(ニューヨーク)の為替責任 者、ダグラス・ボースウィック氏は指摘した。リラやユーロは流動性の 低いウクライナ通貨フリブナの代わりとして取引されているという。リ ラは対ドルで1.1%高。

G20

G20共同声明の草稿によれば、各国はシドニーで22、23日に開催さ れる会合で刺激策の解除を支持するほか、金融政策を引き続き注意深く 測定し、明確なコミュニケーションを行う方針を再確認する。会合には イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長も出席する。

19日公表されたFOMC(1月28-29日開催)の議事録によると、 幾人かの金融政策当局者は、「経済見通しに目立った変化がなければ、 継続的な緩和策ペースの減速を支持することが明らかに推測される」と 述べた。

ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)のG10・ア ジア通貨戦略のグローバル責任者、ピーター・フランク氏(ロンドン在 勤)は電話インタビューで「天候の影響を受けたゆがみや雑音を取り除 くと、状況はかなり急速に改善しつつあるということを市場は認識して いる」と指摘。新興国市場では「数週間前に懸念された市場の大混乱は 起こっていない。それがドルの強さにつながっている。米経済のデータ や先行指標は非常に良好だからだ」と話した。

時期尚早

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ドルは過去1週間に0.5%上昇。ユーロは0.9%高、円は0.3% 安となっている。

日本銀行は18日開いた金融政策決定会合で、3月末に期限が来る 「成長基盤強化を支援するための資金供給」を1年間延長し、「本則」 の供給枠を従来の3.5兆円から7兆円に拡大することを決めた。金融政 策の運営方針については現状維持とすることを決めた。日銀の黒田東彦 総裁はこの日、具体的に出口を議論するのは時期尚早だと述べた。

商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファン ドなど大口投機筋の対ドルでの円先物の売越幅は18日終了週に7万9784 枚に拡大した。前週は7万8786枚だった。

原題:Dollar Advances Against Yen on Policy Divergence; Real Rises(抜粋)

--取材協力:. Editors: Paul Cox, Dave Liedtka

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE