NY外為(21日):ドルが対円で上昇、日米金融政策の相違で

ニューヨーク外国為替市場ではドル が対円で上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)が緩和縮小を続ける 一方、日本銀行は債券買い入れ計画を維持するとの観測が背景にある。 ドルは円に対して週間ベースでは今年に入って最大の上げとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。