G20控えドル買い、米緩和縮小継続を確認と予想-BNYメロン

シドニーで22、23両日に開催され る20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では米連邦準備制度 理事会(FRB)が債券購入縮小を継続する姿勢をあらためて示すとの 観測で、投資家がドルを買っている。米銀バンク・オブ・ニューヨーク (BNY)メロンが指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: