米HP:11-1月売上高・利益は予想上回る-サーバー需要で

米ヒューレット・パッカード (HP)の2013年11月-14年1月(第1四半期)決算では、売上高と利 益がアナリスト予想を上回った。データセンター向けサーバーの新規受 注を獲得したことが寄与した。

20日の発表資料によると、一部費用を除く利益は1株当たり90セン ト、売上高は282億ドル(約2兆8900億円)となった。ブルームバーグ がまとめたデータによると、アナリストの予想平均は1株利益84セン ト、売上高272億ドルだった。

メグ・ホイットマン最高経営責任者(CEO)は創業75年のHPの 経営改革を進めている。パソコン市場の縮小で同社は3年連続の減収が 見込まれているものの、サーバー受注は回復する可能性がある。IBM はサーバー部門を中国のレノボ・グループ(聯想集団)に売却し、同市 場から撤退するため、「HPのシェア拡大につながる可能性がある」と RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、アミット・ダーヤナニ氏 は指摘した。

HPは2-4月(第2四半期)の1株利益が一部費用を除いたベー スで85-89セントになる見通しを示した。アナリスト予想平均は89セン トだった。

原題:Hewlett-Packard Sales, Profit Exceed Estimates on Server Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE