中国石油化工:19日の方針発表前に詳細漏れた疑いも

中国石油化工(SINOPEC) が19日に石油リテール部門への投資を民間から募る方針を発表する前に 同社の株価が上昇したことで、発表の詳細が事前に漏れていたとの懸念 が浮上している。

同日の上海市場で、中国石油化工の株価は一時7.1%上昇。ブルー ムバーグのデータによれば、同銘柄の売買は20日平均の4倍近くに膨ら んだ。香港のオプション市場でも同社のコール(買う権利)取引が2カ 月ぶりの高水準となった。中国石油化工は上海、香港両市場での取引終 了後に石油リテール部門で民間投資家から最大30%の出資を受け入れる と発表した。

精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO)は「恐らく事前にこ のニュースを知っていた投資家がいたのだろう」と述べる。

中国石油化工の広報担当、呂大鵬氏(北京在勤)のオフィスにコメ ントを求め2度電話したが応答はなかった。中国証券監督管理委員会 (証監会)は今のところ、ブルームバーグ・ニュースからのファクスに よる問い合わせに応じていない。証監会の広報室への電話も応答がなか った。香港証券先物委員会のジョナサン・リ報道官はコメントを控え た。

原題:Sinopec Surge Before Unit Sale Announcement Spurs Leak Concerns(抜粋)

--Zhang Shidong、Kana Nishizawa、Weiyi Lim, 取材協力:Aipeng Soo、Aibing Guo. Editors: Richard Frost, Michael Patterson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE