ユーロ圏:2月の製造業とサービス業活動、予想下回る

ユーロ圏では2月の製造業とサービ ス業の活動がエコノミスト予想ほど拡大しなかった。域内景気が減速し つつある兆候を示した。

英マークイット・エコノミクスが20日発表した2月のユーロ圏製造 業景気指数(速報値)は53.0と、横ばい予想に反して前月の54.0から低 下。サービス業景気指数は51.7で、1月の51.6を若干上回ったものの、 これも予想に届かなかった。製造業とサービス業を合わせた総合景気指 数は52.7と、前月の52.9から低下した。これら指数は50が活動拡大・縮 小の分かれ目。

ユーロ圏の2014年成長率は3年ぶりのプラスが見込まれているもの の、過去最悪に近い失業率と物価上昇圧力の弱さで景気は依然としてリ スクにさらされている。欧州中央銀行(ECB)は、インフレ率が物価 安定の目安とする2%弱の半分以下にあることから、緩和政策を拡大す べきか協議している。

ライファイゼン・シュバイツ(チューリヒ)のエコノミスト、アレ グザンダー・コッホ氏(ミュンヘン在勤)は、景気指数は「ここ数カ月 かなり上げた。危機に見舞われた国々でもセンチメントが大きく改善し てきた」と発言。「だが、ユーロ圏が世界全体よりも力強く成長すると われわれは予想していない。そのためちょっと一服感が出た」と語っ た。

原題:Euro-Area Manufacturing, Services Lost Momentum in February (抜粋) Eurozone February Flash PMI: Statistical Summary (Table) (抜粋)

--取材協力:Mark Evans. Editor: Fergal O’Brien

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE