フランクリン・テンプルトン,10-12月にウクライナ債買い増゚

フランクリン・リソーシズの主力フ ァンドは昨年10-12月(第4四半期)にウクライナ債を買い増し、同国 債の最大の保有者になった。ウクライナでは政府と反政府側の衝突が悪 化し、ウクライナ国債の利回りは大きく上昇している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。