アジア株:2週間ぶり大幅安-中国HSBC製造業PMIが低下

20日のアジア株式相場は下落。 MSCIアジア太平洋指数は2週間ぶりの大幅安となっている。英 HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが発表した2 月の中国製造業購買担当者指数(PMI)が市場予想を上回る低下とな った。

金融株が下げを主導し、中国最大の銀行、中国工商銀行は2.7% 安。韓国のインターネットサイト、ネイバーはソウル市場で8.1%安。 米フェイスブックが買収合意したスマートフォン向けメッセージアプリ の米ワッツアップが事業を拡大し、ネイバーの売り上げが抑えられると の懸念が広がった。一方、アジア最大の製油会社、中国石油化工 (SINOPEC)は香港市場で9.6%高。投資家を募集する計画を明 らかにした。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後2時10分(日本時間同3 時10分)現在、前日比1.2%安の135.96。全10業種が下落している。

原題:Asian Stocks Decline as China Manufacturing Gauge Retreats (抜粋)

--取材協力:Kyoungwha Kim、Jonathan Burgos. Editors: Sarah McDonald, Richard Frost

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE