フィリピン大統領:国内景気が過熱する危険はない

フィリピンのアキノ大統領は、国内 の景気が過熱する危険はないと述べ、経済成長率が7%突破でも資産バ ブルのリスクは小さいとの認識を示した。

アキノ大統領(54)は19日にマニラの大統領府でインタビューに応 じ、中央銀行がインフレと資産価格の抑制に向け警戒していると語っ た。フィリピン経済は昨年7.2%成長となり、今年の成長率目標は6.5 -7.5%だとも述べた。

原題:Aquino Dismisses Risk of Bubble as Economy Grows: Southeast Asia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE