種めぐり対立深まる、GMと有機作物の共存模索-オレゴン州

米国の作物の種の主産地であるオレ ゴン州北西部で種を収穫するため、キャベツやカボチャなどを有機栽培 しているサラ・クリーガー氏とアンドルー・スティル氏にとって虫害や 予想外の霜害など心配事は尽きない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。