森本日銀委員:実績ではなく見通しに変化生じたとき、追加緩和の時期

日本銀行の森本宜久審議委員は20日 午後、和歌山市内で会見し、消費税率引き上げなどにより景気が大きく 落ち込んだ場合の政策対応のタイミングについて、4-6月の経済情勢 の「実績をしっかり見てから、と限定しているわけではなく、見通しの 基本的なパスに変化が生じているかどうかを毎回見極めていきながら、 方針を決定していく」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。