インドネシアの生薬最大手率いる86歳女性家長がビリオネアに

インドネシアの伝統的な生薬の最大 手メーカー、シドムンチュルが昨年12月に新規株式公開(IPO)した 際、イルワン・ヒダヤット氏は涙をこらえなければならなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。