マカオのカジノ収入、2月は伸び加速へ-サンズ・チャイナ

資産家シェルドン・アデルソン氏が 経営権を握るマカオのカジノ運営会社サンズ・チャイナ(金沙中国) は、今月のマカオの業界全体のカジノ収入について、伸びが再び加速 し、20%余りのプラスになるとみている。

エドワード・トレーシー最高経営責任者(CEO)は18日のインタ ビューで、今年のマカオのカジノ収入総額が「10%台半ば」の増加にな ると予想。1月は2012年10月以来の低い伸びにとどまった。

同CEOは、春節(旧正月)の連休の時期が毎年が変わることから 1月だけを見ても業界の実際の状況は分からないと指摘。「1月と2月 をまとめて見た場合に、従来のペースで伸びていなければ非常に驚くだ ろう」と述べた。

1月のマカオのカジノ収入は前年同月比7%増の287億パタカ (約3670億円)。トレーシーCEOによると、同月のサンズ・チャイナ の収入は10%余り増えた。2月の同社のカジノ収入については言及しな かった。

原題:Sands China Sees 20% Growth in Macau Casino Revenue in February(抜粋)

--取材協力:Anna Luk、Angie Lau. Editors: Stephanie Wong, Subramaniam Sharma

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE