中国:2月のHSBC製造業PMI速報値、7カ月ぶり低水準

中国の製造業活動を測る民間の指数 は2月も引き続き低下し、7カ月ぶりの低水準となった。信託商品のデ フォルト(債務不履行)懸念や不良債権など金融システムのリスク軽減 に取り組む中国共産党は、さらなる課題を背負い込んだ。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが20日 発表した2月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値は48.3。1 月改定値の49.5、およびブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミ スト17人の予想中央値(49.5)を共に下回った。同指数は50を下回ると 製造業活動の縮小を示す。

製造業活動の軟化を受け、政策当局が景気対策を講じる可能性が浮 上した。中国の2014年の成長率は市場予想では7.4%と、24年ぶりの低 水準になるとみられている。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏(香港在勤)は 発表資料で「中国の政策当局は着実な成長ペースを維持するために政策 を微調整すべきであり、そうなる可能性はある」と指摘した。

先週発表された中国の1月の貿易統計では、輸出入がいずれも市場 予想を上回った。この日の製造業PMIはそれとは対照的だ。中国の1 月と2月の経済指標は春節(旧正月)の連休時期の前年とのずれによっ て、ゆがめられている可能性がある。今年の連休は1月31日に、昨年は 2月9日に始まった。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の エコノミスト、ルイス・クイジス氏(香港在勤)は1月の貿易統計は 「多くのメーカーが2月の連休前に生産や出荷を急いだ」ことを示唆し ていると述べ、PMIを深読みすべきではないと指摘した。

原題:China Factory Gauge Falls to 7-Month Low Amid Financial Risk (1)(抜粋)

--取材協力:Xin Zhou、Penny Peng. Editors: Paul Panckhurst, Andrew Davis

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE