東電:タンクで漏水、2億3000万ベクレル検出-海に流出せず

東京電力は20日、福島第一原子力発 電所で汚染水をためているタンクから、雨どいを伝ってタンクを囲むせ きの外部に水が漏れたと発表した。同社は、雨どいで採取した水から1 リットル当たり2億3000万ベクレルのベータ線を放出する放射性物質を 検出した。海への流出は確認されていないという。

東電によると、19日午後11時25分に「H6エリア」に設置された汚 染水貯蔵用のタンク上部から水が漏れているのが見つかった。都内で会 見した尾野昌之原子力・立地本部長代理によると、同社は淡水化処理装 置で塩分を除去した水を、漏えいが発生したのとは別のタンクに水を移 送していた。しかし、水の移送先を調整する弁に不具合があり、漏えい が発生したタンクに水が流れてしまいあふれたと説明した。別な弁を閉 めたところ漏水は止まったという。

タンクからせきの外に漏れた汚染水の量は約100トンと試算してお り、同社は既に漏れた汚染水を吸収した土壌の回収を始めた。尾野氏 は、漏えいの原因となった弁の不具合について「機器故障の可能性もあ るので調査したい」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE