米ギャップ、最低賃金引き上げへ-オバマ大統領が称賛

米衣料品チェーンのギャップは19 日、米国内の従業員の最低時給を2014年に9ドル、15年に10ドルへと引 き上げると発表した。

発表資料によると、来年までに約6万5000人の店員が賃上げの恩恵 を受ける見込み。連邦政府職員の最低時給引き上げを表明しているオバ マ大統領は、ギャップの決定を称賛するとともに議会に引き上げをあら ためて求める声明を発表した。

同社のブランド「バナナ・リパブリック」のグローバル・ブランド 責任者のジャック・カルホーン氏は電話取材で、ギャップの給与は一般 的に大半の市場で最低賃金を上回っているものの、今回の措置は戦略的 投資だと説明した。

原題:Gap Boosts Hourly Worker Pay Amid Debate About Minimum Wage (2) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE