トヨタ:ベア満額回答なら年60億円前後コスト増、労使交渉開始

業績好調の国内自動車最大手、トヨ タ自動車は、今年の春闘で労働組合のベースアップ(ベア)要求を受け 入れた場合、年間60億円前後のコスト増になると試算している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。