10代若者、米国の職場から姿消す-大学進学増で労働力率低下

米ミシガン州デトロイト在住のアキ ル・アルビンさん(19)は、年上の技能を持つ求職者との競争が激し く、就職難に直面している。ノースカロライナ州シャーロット在住のア レックス・ロススペイチさん(17)は高校で勉強に集中するため就職し ない選択をした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。