ロシア財務省、国債入札取り消し-ルーブル安で利回り上昇

ロシア政府は19日、国債入札を取り 消した。通貨ルーブルが過去最安値に下落したことで借り入れコストが 上昇したためだ。同国の入札取りやめはこの1カ月足らずで3回目。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。