米国株:下落、FOMC議事録が緩和策の縮小継続を示唆

19日の米国株は下落。国際通貨基金 (IMF)が世界的な成長へのリスクを警告したほか、米連邦準備制度 理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録 で緩和策縮小の継続が示唆されたことが影響した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。