NY原油:続伸、103ドル台-クッシング在庫の減少観測で

ニューヨーク原油先物相場は続伸。 4カ月ぶり高値となった。ウェスト・テキサス・インターミディエート (WTI)原油の受け渡し地点、オクラホマ州クッシングで在庫が3週 連続で減少するとの観測が買いを誘った。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は、「20 日発表の統計でクッシング在庫と全米レベルの石油製品在庫が減少する と予想されており、原油相場は強含んでいる」と指摘。「クッシング在 庫は新しいパイプラインの影響で減少しており、石油製品在庫は高い需 要を背景に減少している」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前日 比88セント(0.9%)高の1バレル=103.31ドルと、終値としては昨 年10月8日以来の高水準となった。

原題:WTI Crude Climbs to Four-Month High on Cushing Supply Outlook(抜粋)

--取材協力:Moming Zhou、Brian K. Sullivan. Editors: Margot Habiby, Richard Stubbe

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE