米国債:反落、FOMC議事録が緩和縮小の継続を示唆

米国債相場は反落。午後に公表され た1月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を受けて売りが優勢 となり、10年債利回りは上昇に転じた。議事録では債券購入の縮小を休 止する可能性がほとんど示されなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。