FOMC議事録:失業率低下に伴い金利ガイダンス変更へ

米連邦準備制度理事会(FRB) が19日公表した連邦公開市場委員会(FOMC、1月28-29日開催)の 議事録によれば、政策当局者は失業率が利上げを決定する際の目安とし ている水準付近まで低下したことに伴い、政策金利の方向性をめぐるガ イダンスを近く変更することを検討している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。