欧州債:スペイン債下落、入札を控え-ドイツ債ほぼ変わらず

19日の欧州債市場ではスペイン10年 債が5営業日ぶりに下落。同国債利回りは一時8年ぶり低水準を付けた ものの、最大50億ユーロ規模の国債入札を翌日に控え、上げに転じた。

スペインのマドリード州当局者が債券発行額の拡大を検討している と述べたことも、同国債には重しとなった。ドイツ10年債相場はほぼ変 わらず。この日の国債入札では応札額が目標上限に届かなかった。イタ リア10年債は5営業日ぶりに下落。同国債利回りも一時は8年ぶり低水 準を付けていた。

DZ銀行(フランクフルト)の調査アナリスト、フェリックス・ヘ ルマン氏は「スペインが20日に国債を発行するのに加え、マドリード州 は今年の発行額を増やす計画を明らかにした」と発言。「数日にわたり 国債スプレッドが縮小したことから、利益確定の傾向が出た可能性があ る」と語った。

ロンドン時間午後4時41分現在、スペイン10年債利回りは前日比4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.57%。一時 は3.487%と、2006年2月以来の低水準を付けた。同国債(表面利 率3.8%、2024年4月償還)価格は0.345下げ102.06。

スペインの自治州で経済規模が2番目に大きく、最も債務が少ない マドリード州は年内に36億ユーロの償還を迎える。このうち30億ユーロ は既に、債券発行を通じて賄われている。

ドイツ10年債利回りは1.66%。5日には1.60%まで下げ、昨年8月 1日以来の低水準となっていた。同国政府は2024年2月償還債(表面利 率1.75%)を38億ユーロ発行。目標上限の50億ユーロに対し、応札額 は43億3000万ユーロだった。

英国債相場は3日続伸。昨年10-12月期の英失業率が予想に反して 上昇したことから、イングランド銀行(英中銀)が利上げに動くとの観 測が後退した。

ロンドン時間午後4時33分現在、5年債利回りは2bp低下 の1.62%。11日以来の低水準となる1.59%まで下げる場面もあった。同 国債(表面利率1.25%、2018年7月償還)価格は0.085上げ98.42。指標 の10年債利回りは1bp下げ2.73%となった。

原題:Spanish Yields Climb From 8-Year Low; Bund Auction Misses Target(抜粋) U.K. Bonds Gain Third Day as Jobless Rate Climbs; Pound Advances

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE