ウクライナ:危機深刻化、リビウ州は独立宣言-金融市場も混乱

ウクライナの危機が深刻化してい る。同国西部のリビウ州議会がヤヌコビッチ大統領率いる中央政府に対 し独立を宣言したほか、隣国ポーランドのトゥスク首相は内戦勃発を警 戒、欧州連合(EU)はウクライナへの制裁措置も辞さない構えだ。

首都キエフでは治安部隊と反政府デモ隊が衝突。多数の死傷者が出 て、ここ3カ月の対立で最悪の事態となった。リビウ州議会は中央政府 の指示にもはや従わないと表明。少なくとも他の4地域でも、デモ隊が 地方政府ないし保安当局本部を占拠した。ウクライナ軍はデモ排除で兵 士を派遣する計画はないとしつつ、武器庫の警備を強化した。

ポーランドのトゥスク首相は19日、同国議会で「われわれは内戦の 始まりを目撃しているのかもしれない」とし、ウクライナという「国が 崩壊しつつある状況に対応している。政府への抗議で市民が死んだり負 傷しているのであれば、その責任は当局にある。それはキエフにおいて 間違いない」と語った。

ヤヌコビッチ大統領は18日夜、国を揺るがす危機の収拾を図るた め、キエフ中心部にあるデモ隊の主要拠点の排除に動いた。少なくと も25人が死亡、数百人が負傷した。同大統領は自身のウェブサイトでこ の日、反政府デモ隊は「市民に武装を呼び掛け、一線を越えた」と非難 した。

国債利回り上昇

19日のウクライナ金融市場では、国債と株式相場が急落。キエフ時 間午後4時26分現在、2014年6月償還債利回りは1135ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇し34.27%と、過去最高を更新した。ウ クライナ株価指数は2.8%下げたほか、通貨フリブナは対ドルで前日比 1%安の1ドル=8.95フリブナとなった。

EUはウクライナの政府高官の資産凍結に動いた。EUのアシュト ン外交安全保障上級代表が電子メールで配布した声明によれば、EU外 相らは20日に会議を開き、「弾圧に対して責任がある者への制裁」を含 む「全ての可能な選択肢」について検討する。

バイデン米副大統領はヤヌコビッチ大統領に暴力行為に対する「深 刻な懸念」を電話で伝え、ウクライナ政府に自制を訴えた。

原題:Ukraine Plunges Deeper Into Crisis as Western Region Breaks Away(抜粋) Ukrainian Bonds Slide With Stocks as Civil War Threat Escalates (抜粋)