アジア・太平洋株式サマリー:ハンセン上昇、中・印株も上げる

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場でハンセン指数が上昇し、4週間ぶりの高値で引け た。金融株が買われた。一方、カジノ株は下落した。

東亜銀行(23 HK)は4.8%高。UOBケイ・ヒアン・ホールディン グスが同銘柄の投資判断を引き上げた。決算を来週発表する予定の HSBCホールディングス(5 HK)は1.8%高。

カジノ運営のギャラクシー・エンターテインメント・グループ(銀 河娯楽集団、27 HK)は1.9%安。マカオ当局がカジノ免許の有効期間を 短くする可能性があるとの報道が嫌気された。

ハンセン指数は前日比76.80ポイント(0.3%)高の22664.52と、1 月23日以来の高値で終了。一時は0.2%下げる場面もあった。ハンセン 中国企業株(H株)指数は0.31ポイント安の10057.52。

第一上海証券のストラテジスト、ライナス・イップ氏は、「香港市 場は一部の優良企業の通期決算発表を待っている」と指摘。「この数年 ですでに大きく上昇していたマカオのカジノ株は免許のニュースを受 け、利益確定売りの圧力を受けている」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。上海総合指数が2カ月ぶりの高値となった。 エネルギー株が買われたほか、比較的規模の小さな銀行が携帯端末関連 事業を拡大するため提携を結ぶとの観測も買い材料となった。

北京銀行(601169 CH)は10%高。同行と小米科技がモバイル決済 で協力することで合意したと上海証券報が報じた。中信銀行(601998 CH)も値幅制限いっぱいの10%高。また、上海石油化工(600688 CH) は10%上昇し、中国石油化工(SINOPEC、600028 CH)は3.8%上 げた。

漢方薬メーカーの天士力製薬集団(600535 CH)は5.9%高。同銘柄 を中国国際金融(CICC)が推奨投資ポートフォリオに加えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動する 上海総合指数は、前日比23.49ポイント(1.1%)高の2142.55と、昨 年12月18日以来の高値で終了した。上海、深圳両証取のA株に連動して いるCSI300指数は同1.2%高の2308.66。

珩生鴻鼎資産管理で運用に携わる戴明氏は、「インターネットファ イナンスとモバイル決済は市場でホットな話題だ」と指摘。「これらの 手段を通して銀行は顧客基盤を拡大し、小口や中規模の顧客を増やすこ とができる」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇し、指標のS&Pセンセックス指数は4週ぶ り高値を付けた。ソフトウエア輸出銘柄と製薬株の上げが目立った。

インフォシスは4営業日続伸し、IT株指数は3週間ぶりの高水準 に達した。製薬会社ランバクシー・ラボラトリーズは2週間ぶりの大幅 高。インド最大の発電機メーカー、バーラト重電機は続伸となった。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比88.76ポイント(0.4%) 高の20722.97で終了。財政赤字を国内総生産(GDP)比で7年ぶり低 水準に圧縮するとの政府方針を手掛かりに、同指数は今週は連日プラス となっている。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比15.42ポイント(0.3%)高 の5408.24。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比3.98ポイント(0.2%)安の1942.93。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比20.78ポイント(0.2%)高の8577.01。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE