中国人民元:8週間ぶり安値-中心レート引き下げや景気懸念

中国人民元は19日、ドルに対して約 8週間ぶりの安値に下落。中国の経済成長が減速しつつあるとの懸念が 広がる中、中国人民銀行(中央銀行)が元の中心レートを引き下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。