中国中銀:人民元相場の変動幅、14年に「秩序ある」形で拡大へ

中国人民銀行(中央銀行)は、人民 元の相場変動幅を年内に「秩序ある」形で拡大させる予定だ。人民元の 交換性を高めるプロセスの一環。

人民銀はまた、人民元の国境を越える利用拡大を引き続き進める方 針も示した。17、18両日の会議を受けた声明をウェブサイトに19日掲載 した。人民銀の周小川総裁は昨年11月、変動幅を拡大すると述べたが時 間枠には触れていない。上海市場のスポットレートは現在、人民銀が設 定する中心レートの上下1%までの変動が容認されている。この幅 は2012年4月に0.5%から拡大され、その前には07年5月に0.3%から広 げられていた。

中国農業銀行インターナショナル・セキュリティーズの調査共同責 任者、林樵基氏(香港在勤)は「資本市場を開放するのに、人民元の変 動幅拡大は必須だ」とし、今四半期中に2%に拡大される可能性もある との見方を示した。

人民元の交換性の向上と金利の自由化は、昨年11月の共産党第18期 中央委員会第3回総会(3中総会)で決定された重要な改革案の一部。 党は2020年までの達成を目指すと表明している。

原題:PBOC Plans to Expand Yuan Band This Year in ‘Orderly’ Manner(抜粋)

--取材協力:Li Liu. Editors: Robin Ganguly, Andrew Janes

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE