中国株:上海総合指数、2カ月ぶり高値-エネルギー株に買い

中国株式相場は上昇。上海総合指数 が2カ月ぶりの高値となった。エネルギー株が買われたほか、比較的規 模の小さな銀行が携帯端末関連事業を拡大するため提携を結ぶとの観測 も買い材料となった。

北京銀行(601169 CH)は10%高。同行と小米科技がモバイル決済 で協力することで合意したと上海証券報が報じた。中信銀行(601998 CH)も値幅制限いっぱいの10%高。また、上海石油化工(600688 CH) は10%上昇し、中国石油化工(SINOPEC、600028 CH)は3.8%上 げた。

漢方薬メーカーの天士力製薬集団(600535 CH)は5.9%高。同銘柄 を中国国際金融(CICC)が推奨投資ポートフォリオに加えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動する 上海総合指数は、前日比23.49ポイント(1.1%)高の2142.55と、昨 年12月18日以来の高値で終了した。上海、深圳両証取のA株に連動して いるCSI300指数は同1.2%高の2308.66。

珩生鴻鼎資産管理で運用に携わる戴明氏は、「インターネットファ イナンスとモバイル決済は市場でホットな話題だ」と指摘。「これらの 手段を通して銀行は顧客基盤を拡大し、小口や中規模の顧客を増やすこ とができる」と述べた。

原題:China Stocks Rise to Two-Month High as Banks, Energy Shares Jump(抜粋)

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Allen Wan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE