アイスランド:日本と地熱発電推進で協力-環境・天然資源相

アイスランドのヨーハンソン環境・ 天然資源相は地熱発電推進で日本と協力する方針を示した。

ヨーハンソン氏は都内で、ブルームバーグ・ニュースのインタビュ ーに応じ、「日本とアイスランドの国内で協力できる」と述べた。日本 とアイスランドは共同で地熱発電の技術をジブチやケニアなど東アフリ カ諸国や発展途上国に輸出できるとも指摘した。国際エネルギー機関( IEA)によると、地熱発電能力でアイスランドは7位、日本は8位。

ヨーハンソン氏は「われわれは地熱エネルギーをどう実用化するか のノウハウを持っている」とし、例として発電、暖房、魚の養殖を挙げ た。日本はタービン技術で貢献できるとし、アイスランドで使われてい るタービンの90%以上が、三菱重工、東芝、富士電機など日本製だと述 べた。

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)に よると、2013年のアイスランドの地熱発電能力は95万1000キロワッ ト。2000年は6万5000キロワットだった。同期間の日本は53万5000キロ ワットから53万7000キロワットとほぼ横ばい。

原題:Iceland, Japan Can Cooperate to Boost Geothermal, Minister Says (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE