【個別銘柄】ブリヂスト安い、鉱業や石油買い、キヤノンと富士通上昇

きょうの日本株市場で、株価変動材 料があった銘柄の終値は以下の通り。

ブリヂストン(5108):前日比4.3%安の3637円。2014年12月期の 純利益は前期比41%増の2850億円になる見通し、と18日発表した。引き 続き北米などでのタイヤ販売増で、2期連続で最高益更新を見込むが、 ブルームバーグ・データによる今期純利益のアナリスト予想の平均2948 億円には届かなかった。

鉱業や石油関連株:国際石油開発帝石(1605)が3.9%高の1314 円、石油資源開発(1662)が2.1%高の3840円、JXホールディングス (5020)が2.6%高の520円など。18日のニューヨーク原油先物は(3月 限)は2.1%高の1バレル=102.43ドルで終了。期近終値としては昨 年10月10日以来の高水準を付けた。収益への好影響を見込む買いが関連 銘柄に入った。東証1部33業種では鉱業、石油・石炭製品が上昇率1、 2位に並んだ。

昭和シェル石油(5002):2.3%高の971円。SMBC日興証券は18 日付で、目標株価を950円から1100円に引き上げた。投資判断は「中 立」を継続。石油製品マージンの回復と太陽光パネルなどES事業の改 善を予想し、14年12月期の営業利益予想を411億円から532億円(会社計 画530億円)、来期を436億円から527億円に増額した。

キヤノン(7751):2%高の3140円。発行済み株式総数の1.6%に 当たる1800万株、500億円を上限に自社株買いを実施すると18日発表し た。取得期間は本日から4月4日。積極的な株主還元を評価した買いが 優勢となった。

富士通(6702):2.4%高の647円。三菱UFJモルガン・スタンレ ー証券が18日付で、目標株価を570円から720円に引き上げた。投資判断 は「アウトパフォーム」を継続。堅調な国内ITサービスの増収増益が 業績をけん引するとの見方で、15年3月期の営業利益予想を1650億円か ら1800億円、再来期を1808億円から1900億円に増額した。今期は1450億 円と試算、市況改善傾向や案件損益管理の強化で会社計画1400億円は達 成可能と分析している。

日本シイエムケイ(6958):4.8%高の263円。三菱UFJモルガ ン・スタンレー証券が18日付で、投資判断を「アンダーパフォーム」か ら「中立」に、目標株価を240円から260円に引き上げた。株価下落で割 高感が解消したと指摘。日系顧客の事業縮小に伴い国内プリント配線板 の生産規模適正化に踏み切り会社試算で来期以降の固定費削減効果は8 億円で、同証の従来予想6億円を上回る、としている。

高砂熱学工業(1969):4.1%高の1013円。野村証券が18日付で、 投資判断を「中立」から「買い」に、目標株価を880円から1136円に引 き上げた。国内向け比率が同業他社対比で高く、事業環境好転の影響が 相対的に大きいと指摘。中期経営計画の目標達成に向けて順調な業績進 捗(しんちょく)を予想しており、同証による14年3月期営業利益予想 を45億円から60億円(会社計画56億円)、来期を50億円から75億円にそ れぞれ増額した。

オプト(2389):6.1%高の833円。動画配信を手掛けるスキルアッ プ・ビデオテクノロジーズの発行済み株式85%を取得して子会社化す る、と18日発表した。市場の急拡大が見込まれる動画広告分野でシェア 拡大を目指す。

立花エレテック(8159):3.5%安の1294円。公募増資と自社株売 り出しなどを実施し、最大11億円を調達する、と18日発表した。東京支 社事務所用の物件取得資金の一部に充当する。1株価値の希薄化や株式 需給の悪化を警戒した売りに押された。

ラクオリア創薬(4579):8.4%高の607円。名古屋大との間で産学 協同研究の薬効解析部門を設置する契約を結んだ、と18日発表した。産 学連携で創薬研究を加速化し、画期的な新薬の創出を目指す。損益面で も設備費ほか事業費用の軽減が見込まれるという。今期業績への影響 は14日公表の業績予想に反映済み。

JR西日本(9021)0.8%安の4210円。JPモルガン証券が18日付 で、投資判断「アンダーウエート」、目標株価3600円で新規に調査を開 始した。今後数年間に大きな開業・開発予定が乏しく、利益成長ドライ バーを欠く、と指摘。費用の増加などで来期が減収減益になりそうなこ とや、今期から3期連続でEPSが減少する見通しは株価に織り込まれ ていない、と分析した。

エレコム(6750):4%高の1484円。いちよし経済研究所が19日付 で、投資判断を「中立」から「買い」に、目標株価を1600円から1800円 に引き上げた。停滞が予想されるパソコン周辺機器市場の中でも収益成 長が可能とし、通信サービスなど新たなビジネス展開を模索しているも よう、とも指摘した。14年3月期の営業利益予想を67億円から73億円 (会社計画64億2400万円)、来期を72億円から75億円にそれぞれ上方修 正した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE