きしむ海外勢主導の円安、アベノミクス相場に潜む危うさ露呈

「バイ マイ アベノミクス」。 デフレ脱却を目指す安倍晋三首相の経済対策は昨年、34年ぶりの大幅な 円安をもたらしたが、首相の呼び掛けに乗ったのはもっぱら外国人投資 家だった。年明け以降は円高傾向が強まっており、海外勢が主導してき たアベノミクス相場の危うさを露呈している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。