中国の米国債保有額、12月は2年ぶり大幅減-米緩和策縮小で

米国にとって最大の債権国である中 国の昨年12月の米国債保有高は2年ぶりの大幅な減少となった。米連邦 公開市場委員会(FOMC)で資産購入額の縮小が決まったことが背景 だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。