ドル小安い、米指標下振れを警戒-対ユーロ1カ月半ぶり安値

東京外国為替市場ではドルが小安く 推移した。悪天候の影響により米経済指標の下振れが続くことへの警戒 感が強く、ドルは対ユーロで一時約1カ月半ぶり安値を付ける場面が見 られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。