日本株3日ぶり反落、米景況鈍化と円安一服-輸出や金融売り

東京株式相場は3日ぶりに反落。米 国の製造業景況指数の低下や為替の円安一服が嫌気され、急伸後の反動 売りも響いた。輸送用機器やゴム製品など輸出関連、鉄鋼など素材関連 株が下げ、前日の上昇が目立った銀行や証券、不動産株も安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。