ベネズエラ当局、野党指導者ロペス氏を拘束-反政府デモ扇動

ベネズエラの国家警備隊は18日、野 党指導者のレオポルド・ロペス氏を拘束した。ベネズエラ政府はロペス 氏を暴動扇動の容疑で拘束したとしている。ロペス氏はこの日、支持者 に対して、インフレや物資不足に抗議するデモ行進に参加するよう呼び 掛けた。

反政府を掲げる群衆はロペス氏が乗った自動車を取り囲み、行く手 を阻みながら、同氏の解放を訴えた。当局側は警察車両の通行を可能に するため催涙ガスを使用した。人民の意思(VP)の声明によれば、ロ ペス氏は軍の施設に送られ、裁判所判事が19日に同氏の拘束を続けるか どうかを決めるという。

ロペス氏は拘束される数分前、支持者に向かって「私はここにい る。ベネズエラ国民の目を覚ますのであれば逮捕も覚悟している」と述 べ、「ベネズエラに正義はない。これは学生や投獄されている人たち、 窮乏に苦しむ国民、仕事がない人たち、未来が失われた青年たちのため の闘いだ」と続けた。

原題:Venezuela’s Opposition Leader Detained on Anti-Maduro March (3)(抜粋)

--取材協力:Matthew Malinowski. Editors: Harry Maurer, Bill Faries

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE