三菱自社長:営業利益率5%は小さ過ぎる-赤字事業克服で向上

三菱自動車の益子修社長は、2016年 度まで3カ年の新中期経営計画に示した売上高営業利益率について、目 標の5.2%を上回る水準を視野に入れている。益子社長は6月の株主総 会後に会長兼最高経営責任者(CEO)に就任予定。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。