ロシア・ルーブルが過去最安値-景気懸念や買い支え縮小観測で

18日の外国為替市場でロシアの通貨 ルーブルが過去最安値を更新した。国内の経済成長が落ち込みつつある ことが統計で示されたほか、ロシア中央銀行によるルーブル買い支えが 縮小されるとの観測が広がった。

モスクワ時間18日午後8時53分(日本時間19日午前1時53分)現 在、ルーブルはドルとユーロで構成する中央銀行の通貨バスケットに対 し、前日比0.9%安の41.4353ルーブル。ロシア国債(2027年2月償還) の利回りは9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 の8.32%。

1月の同国鉱工業生産は前年同月比0.2%減少し、ブルームバーグ がまとめたエコノミスト予想(1%増)に届かなかった。ロシア財務省 はこの日、同省が今月20日から5月末までの期間に中銀から日額35億ル ーブル(約101億円)相当の外貨を購入する計画を発表した。これによ って同じ額だけ中銀の介入資金が減ることになる。

原題:Ruble Drops to Record on Economic Growth, Muted Currency Support(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE