NY金:15週ぶりの高値から下げる-需要減退の観測で

ニューヨーク金相場は15週ぶりの高 値から値を消した。最近の上昇を受けて延べ棒やコインの需要が減少す るとの観測が背景。米造幣局によると、アメリカンイーグル金貨の販売 量は2月に入って1万3000オンスとなっている。1月は月間で9万1500 オンスだった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。