ボーナス文化が価格操作の一因か、ダンスケ銀めぐり当局調査

デンマーク最大の銀行、ダンスケ銀 行の複数の行員を債券の価格操作の疑いで摘発した同国警察当局は、賞 与プログラムが行員の行動に影響を与えた可能性があるとみてボーナス に関する慣行を調査している。

デンマークの重大経済犯罪担当検察官は7日、ダンスケ銀行と行員 6人、および同行の住宅ローン部門を、2009年に住宅ローン債券の価格 を操作したとして摘発した。ボーナスをめぐる思惑が当事者らの行動に 及ぼした影響について調べる必要があると、ハンス・フォグダル検察官 が17日、電話取材に応じて述べた。

「現在われわれが持っている情報からは、行員が自身の利益のため に取引したかどうかは明白でないが、ボーナスプログラムが事件の背景 にあるかどうかを詳細に検証している」と語った。

原題:Danske Bank Bonus Culture Investigated as Bond Probe Deepens (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE