NY連銀製造業景況指数:2月は4.48に低下、受注マイナス

ニューヨーク連銀が発表した2月の 同地区の製造業景況指数は4.48と、前月の12.51から低下した。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値は8.5だった。 同指数はゼロが景況の拡大と縮小の境目を示す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。