インド株:3週ぶり高値-政府措置で景気てこ入れを楽観

18日のインド株式相場は上昇し、指 標のS&Pセンセックス指数は3週間ぶり高値を付けた。財政赤字を7 年ぶり低水準に圧縮し、物品税を引き下げる政府公約が景気てこ入れに つながるとの楽観が強まった。

インドステイト銀行は前日付けた2009年5月以来の安値から反発 し、銀行株指数を押し上げた。ハウジング・デベロップメント・ファイ ナンス(HDFC)は2カ月ぶりの大きな値上がり。インド最大の鉄鋼 会社、タタ・スチールは1週間ぶりの大幅高。

ムンバイ市場でセンセックス指数は前日比170.15ポイント (0.8%)高の20634.21で引けた。終値ベースとしては1月29日以来の 高値を付けた。

チダムバラム財務相は17日、来年度(2014年4月-15年3月)の財 政赤字が国内総生産(GDP)比で4.1%に減る見通しを示した。ま た、自動車と消費財の税率を引き下げる方針も明らかにした。

原題:India’s Sensex Climbs to 3-Week High on Budget-Deficit Optimism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE