2月のドイツZEW景況感55.7に低下-近隣諸国の回復を懸念

ドイツの欧州経済研究センター (ZEW)がまとめた2月の独景況感指数は2カ月連続で低下した。近 隣諸国の回復の遅れが国内経済のリスクとなり得る懸念が示された。

ZEWが18日発表した2月の期待指数は55.7と、前月の61.7を大き く下回った。昨年12月は62で、7年ぶり高水準に達していた。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト37人の調査中央値では61.5へ の小幅低下が見込まれていた。同指数は向こう6カ月の見通しを示す。

ドイツの国内総生産(GDP)は昨年10-12月(第4四半期)に前 期比0.4%増と、アナリスト予想を上回ったものの、最大の貿易パート ナーであるユーロ圏の景気について投資家は引き続き慎重となってい る。域内の失業率は過去最高に近いほか、銀行融資が縮小、低インフレ も長引いており、欧州中央銀行(ECB)は来月にも緩和拡大に動く可 能性を示唆している。

ドイツ・ポストバンクのエコノミスト、ティロ・ハイドリッヒ氏 (ボン在勤)は景況感指数の低下について、「センチメントの変化とい うよりは安定化だ」と指摘。「極めて高い水準で、金融危機以降では最 高となっている」と続けた。

ZEWの発表によれば、2月の現状指数は50.0と、前月の41.2から 上昇した。

原題:German Investor Confidence Declines on Caution Over Outlook (1)(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg. Editors: Jana Randow, Paul Gordon

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE