中国人民元:対ドルで下落、年初来安値-人民銀が資金吸収

中国人民元は18日、対ドルで年初来 安値に下落。中国人民銀行(中央銀行)が昨年6月以来となるレポを実 施し資金を吸収したことで、中国当局が金融政策を引き締め、経済成長 目標を引き下げるとの観測が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。