中国人民元:対ドルで下落、年初来安値-人民銀が資金吸収

中国人民元は18日、対ドルで年初来 安値に下落。中国人民銀行(中央銀行)が昨年6月以来となるレポを実 施し資金を吸収したことで、中国当局が金融政策を引き締め、経済成長 目標を引き下げるとの観測が強まった。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比0.05%安の1ドル=6.0673元で終了。一時は6.0680元と、 昨年12月30日以来の安値を付けた。人民銀は元の中心レートを0.03%元 安方向の6.1073元に設定した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港のオフショア市場 では、人民元は0.03%安の6.0380元。元の1年物ノンデリバラブル・フ ォワード(NDF)は0.02%安の6.1083元。

原題:Yuan Declines to This Year’s Low as Central Bank Resumes Repos(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE