日銀総裁:長期国債「6兆-8兆円」、貸出支援拡充は強いメッセージ

日本銀行の黒田東彦総裁は18日午 後、定例記者会見で、月々の長期国債買い入れ額について「6兆-8兆 円程度」を基本として弾力的に運用する方針を明らかにした。また、同 日の金融政策決定会合で貸出支援の拡充などを決定したことについて 「日銀としての強い支援の姿勢、メッセージを含んでいる」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。