新興市場株:3日ぶり下落-中国の金融引き締め観測強まる

18日の新興市場株の指標は3営業日 ぶりに下落した。中国当局が資金吸収オペを実施したことで、金融政策 が今後引き締められるとの観測が強まった。ロシア通貨ルーブルは過去 最安値を更新した。

MSCI新興市場指数はニューヨーク時間18日午後2時11分(日本 時間19日午前4時11分)現在、0.4%安の960.67。上海総合指数は前日 の2カ月ぶりの高値から反落。中信銀行など金融株が売られた。人民元 は年初来安値を付けた。ブラジル株はBRモールズ・パルチシパソンエ スなど不動産株が下落し、指標のボベスパ指数は一時の上げ幅を縮小し た。ロシア経済の失速懸念で金融引き締め観測が後退したため、ルーブ ルは下げた。

短期金利が少なくとも3カ月ぶりの低水準となったことを受けて、 中国人民銀行(中央銀行)は18日、昨年6月以来となるレポを実施し た。米建設業者の景況感を示す2月の住宅市場指数が前月比で過去最大 の落ち込みとなったことも株式市場で材料視された。

原題:Emerging-Market Stocks Decline on China as Ruble Sinks to Record(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE