アジア株:3週間ぶり高値、日銀が資金供給強化-中国株は下落

18日のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数はこのままいけば3週間ぶり高値で引ける。 日本銀行が金融政策決定会合で資産買い入れの維持や資金供給プログラ ムの強化を決めた。中国人民銀行(中央銀行)が金融システムから資金 を吸収したことを受けて、中国株は下落。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。