中国株(終了):下落、中銀が資金吸収-中信銀安い

中国株式相場は下落。上海総合指数 が前日の2カ月ぶり高値から下げに転じた。中国人民銀行(中央銀行) は18日に昨年6月以来となるレポを実施し、金融システムから資金を吸 収した。

中信銀行(601998 CH)は2週間ぶりの大幅な下げ。長江証券 (000783 CH)は4.2%安。一方、上海復星医薬(集団、600196 CH) は8.7%上昇。病院運営事業体の一部株式を取得するとの発表が好感さ れた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動する 上海総合指数は、前日比16.35ポイント(0.8%)安の2119.07で終了。 前日は昨年12月18日以来の高値だった。上海、深圳両証取のA株に連動 しているCSI300指数は1.3%安の2282.44で引けた。

浙商証券の王偉俊ストラテジスト(上海在勤)は「人民銀はある程 度の流動性を吸収する必要性があることを認識している」と指摘。「こ うしたプロセスは株価を圧迫するだろう」と述べた。

原題:China’s Stocks Decline From Two-Month High as PBOC Drains Funds(抜粋)

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Phani Varahabhotla

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE